2010年09月15日

違反者講習

交通違反の累積点数が6点を超えたため、違反者講習に呼び出された。

違反者講習とは、いわゆる「免停講習」とは異なる。過去3年間に免停などになっておらず、違反も3点以下のものの累積に限られる場合、行政処分となる免停にならず、違反者講習で点数をチャラにしてもらえるというもの。前科もつかない。

自分は車も合わせて2点のスピード違反3回で、お呼びがかかった。

講習は座学と実習のセットで、実習は実車講習と奉仕活動のような安全活動とから選べる。自分は実車講習を興味半分で選んでみた。

まる一日の講習は疲れたけど、それなりに興味深くもあった。交通法規の改正の中身とか、知らないことも結構あった。こういうときでもないとなかなか知る機会がないので、よかったとしよう。

講習プログラムの一つである適正検査では、動態視力や夜間視力も測った。夜間視力は問題なかったのだけど、動態視力がまったくダメな評価だったのは、かなりのショックだった。40歳すぎるとみんな衰えるというけど、バイク乗りとしては鍛えておきたいところである。

実車講習は、免許取得のときの試験と同じようにとなりに教官が乗って、指示された通りに20分ほど街中を走るというもの。これは必要以上に緊張した。少々問題あっても、不合格とかいうことはないのだけど、必要以上にゆっくり走ったり、安全確認したりした。

最後に感想文を書かされるのはどうかと思ったけど、無事講習を終え、きれいな身となった。しかし次回の免許証の更新では、ゴールドカードはもらえない。それにこれから3年間は無事故無違反を続けないと、次回は違反者講習の資格はもらえず、即免停コースになる。

交通違反で捕まるのは自分の不注意と運によるもの、とは思っているけど、安全運転が大事なことは確かだ。これを機に、あらためて安全運転を心がけたい。


posted by モリゾー at 23:00| 埼玉 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック